2019/05/08

フラット35を不動産投資に使ったらダメ 融資引き締めの今こそお金を貯めること、所得を増やすことでチャンスになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

住宅金融支援機構が提供している長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」ですが、不動産投資に不正利用された疑いがあるとのことで調査がされるそうです。

疑いがあるというか、実際にあるでしょうね。
もともと不動産投資に対する融資がものすごく膨らんでいた中で、スルガ銀行の不正融資をきっかけに不動産投資に関する融資がかなり引き締まりました。

そんな中で注目されたのが住宅ローン。
不動産投資においては、融資期間と金利がキャッシュフローに直結しますが、住宅ローンはその点は最高。
また、審査もゆるいので、アパートローンが組めなくても住宅ローンを組むということはできます。

住むように買ったけれど転勤などの理由でやむなく賃貸に出すというのはあり得ることですが、最初から悪意を持って、住民票だけ写して、賃貸に出すというケースもけっこう多くなってきたんだと思います。

ここ数年は不動産に関する融資は厳しいですが、だからこそ安く購入できるチャンスなので、お金を持っている人や会社の業績のよい方はしっかりと準備しておくことをお勧めします。
個人投資家で物件を買いたいと思っている人は、こつこつお金を貯めることと、所得を増やすこと。

と言っても、サラリーマンだといきなり昇給というのは難しいので、僕は副業をすることもお勧めします。
できれば時間の切り売りじゃなくて、自分にスキルのつくものをやってほしいです。

 

ちなみに僕の書籍はこちらから↓

河上伸之輔 著「元手500万円から資産20億円!どんどん買い進める”北陸不動産投資”術」

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

関連記事

コメントを残す

*