2017/10/30

不動産投資でお金を手に入れるだけでは幸せになれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

特別会員サロン限定の「月刊かわかみ」からの抜粋です。

新資産三分法「会計的資産」「自分資産」「人間関係資産」とは?

 

「月刊かわかみ」5号より

↓↓

 

今後の不動産投資、人生の目標は、

資産形成と「人間関係資産」の構築

 

河上 では、今後の不動産投資や人生での目標は何ですか?

苗島 まずは会計的な資産形成の成功です。ただ、先日の河上さんの「新資産三分法」をお聞きして、人間関係資産の構築に興味があり、河上さんに付きまといたいという気持ちです。そういうステージがあるのか、そこを目指そう、というのが今のビジョンです。

河上 なるほど。「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで行動したりだとか、今の対談の中でも僕の言ってきたワードがすごく入っているというようなところから、苗島さんの信じる力というか行動力というか、すごいなと思います。では、人間関係資産についても、共感したというわけではなくて、よく分からないけどそういうものがありそうだという感じなのですか?

苗島 そうです。ただ、河上さんの言葉の中で、会計的資産を全て失っても人間関係資産があるから自分は復活できる、というのを聞いて、心に響きました。会計的資産だけだと自分は守られないというのを肌感覚で感じていまして、それが本当に自分の人生が脅かされないステージなのだと思ったのです。そこを目指そうと思いました。

河上 そうですね。僕はそこを共感できる仲間を増やしたいという想いでいます。僕自身、そういう方と一緒にいるのが居心地がいいですし、幸せになるという点で確信を持っています。先日参加した不動産賃貸フェアで、たくさんの有名な大家さんにお会いしましたが、本当のところは分かりませんが、僕が断トツで幸福度が高いのではないかと感じて帰ってきました(笑)

苗島 そうなのですね(笑)

河上 みなさん会計的資産はお持ちですが、話を聞くと何かしらの不安があるように感じたのです。

 

会計的資産を人間関係資産に移すのは

結構な時間と労力が必要

 

河上 会計的資産を人間関係資産に移すのは、結構な時間と労力が必要です。ですが、人間関係資産を会計的資産に移すのは、実は一瞬でできます。例えば、僕と苗島さんの関係ですと、言い方が悪いかもしれませんが、ある意味、苗島さんは僕の信者のようなものじゃないですか。

苗島 そうですね。

河上 そこで僕が「僕に1,000万円投資しなさい」と言ったら…

苗島 「する!」と言いますね。

河上 それで、さよならしたら、関係は終わりですよね(笑)

苗島 そうですね(笑)

河上 このように、人間関係資産を会計的資産に移すのは一瞬でできるのです。

苗島 はい。

河上 一方で、会計的資産を人間関係資産に移すのは、時間も労力もかかります。正直な人間である必要もあります。詐欺師のように、戦略的に信頼を蓄積して、その信頼をマネタイズすることもできるかもしれません。ですが、マネタイズしない方が得なのです。例えば、ネットビジネスにおいては、ヤフオクやFacebook、Airbnbなど色々使えますが、「いいね」などで評価するシステムとなっています。確かに、「いいね」を100築いて、その信用を利用してマネタイズすることもできます。しかし、そもそも「いいね」を100築くことに、かなりの時間と労力を必要とします。そうすると、それをマネタイズして信用を使ってしまうのは勿体無い、もっと信用を得よう、となって、気づいたら普通のビジネスになっていた、みたいなことになるのです。

苗島 なるほど。

河上 人間関係資産の構築、言い換えるなら自己ブランドの構築というのは、とても時間と労力がかかります。僕も失いたくないです。

苗島 はい。

 

人間関係資産から日々の「幸福」を得られる

 

河上 さらにいいのは、会計的資産から得られる利息は会計的資産ですが、人間関係資産から得られる利息は、日々の幸福なのです。

苗島 幸福ですか。

河上 例えば、人間関係が悪かったら、毎日しんどくないですか?

苗島 確かに、絶対しんどいです。

河上 人間関係がよければ、それだけで幸せなのです。人間関係資産を消費しなくても、置いておくだけの利息として、幸せを感じられるのです。

苗島 はい。

河上 ただ、会計的資産も重要です。会計的資産が無いせいで、人に迷惑をかけてしまうと、人間関係資産が失われてしまいます。

苗島 はい。

河上 結局はバランスが大事です。不動産投資をしている方で陥りがちなのは、会計的資産を高めれば高めるほど幸せになれると思うことです。ですが、会計的資産は要素の一部だということです。会計的資産、人間関係資産、自分資産を全てバランスよく持つことで、幸せになれるのです。

苗島 なるほど。

河上 橘玲さんが「幸福の「資本」論」という本を出されましたが、そこに書かれていた内容がまさに「新資産三分法」の内容でした。尊敬している橘玲さんが、同じタイミングで同じようなことを考えていらっしゃったことが嬉しかったです。ただ、橘さんは書籍の中で、これら三つが揃っている人を「超充」と表現されていますが、その「超充」はあまりない、会計的資産と人間関係資産がトレードオフの関係にある、というようなことを書かれていたと思います。しかし、僕はそんなことはないと思っています。三つとも手に入れることは可能だと思っています。僕がやってきたことは、まず、ある程度会計的資産を手に入れて、余裕のできたお金を使い色んなことに挑戦することで自分資産が高まります。そして、余裕のできたお金と、高まった自分資産で人に貢献することで、人間関係資産を高めてきたのです。そうすると、本当に充実して、日々幸せを感じることができます。

苗島 はい。

河上 先ほども、薜さんとお話していて、「金沢の未来をどうするか、僕のやりたいことができるようになってきたよね」としみじみしていたのですが、このような感じで本当に幸せを感じています。

苗島 なるほど。

河上 北陸不動産投資支援会の特別会員サロンではそこを目指したいと思っています。会計的資産はもちろんみなさん高めていっていますし、高めていってほしいと思っています。ただ、最近このようなお話をしているのは、自分資産、人間関係資産も高まっていけば、僕も含めてみんなでもっと色々なことができるのではないかと考えているからです。みんなで頑張っていきましょう。

苗島 はい。

河上 苗島さんへのインタビューでしたのに、最後の方は僕がずっと話してしまいまして申し訳ないです(笑)

苗島 いえいえ(笑)

河上 それでは、ありがとうございました。

苗島 ありがとうございました。

 

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

↓↓

http://bit.ly/2trjGUd

関連記事

コメントを残す

*



 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。