2017/03/31

出口慶太さん 不動産投資成功者インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、河上の一番弟子である、出口慶太(でぐち・けいた)さんに、直撃インタビューしました。

26歳の若手不動産投資家の出口さんは、現在年間家賃収入1500万円だそうです。

グローバルシナジー株式会社として独立し、不動産運用の規模を拡大していっています。

 

 

動画はこちら↓

 

河上 お名前と職業はなんですか?

出口 出口慶太です。職業は自分で不動産賃貸業の会社をしてます。

河上 年齢は?

出口 26です。

河上 僕を知ったきっかけは?

出口 河上さんが、シナジースペースで、石川県大家の会みたいなのを当時されてたんですよ。5年前くらいですかね。

河上の弟子になることに「不安はなかった」という出口さん

河上 僕のところに来るときに、不安だったことはありましたか?

出口 なかったですかね。

河上 特になし?(笑)ある程度知って、みたいな感じ?

出口 いや、知らなかったですけど。僕は不動産投資は20歳のときからずっとやりたかったことなんですよ。勉強してから2年くらい経ってたんですけど、親とかに「俺こんなことやりたいんだよね」って言っても理解されないんですよ。それで、伸之輔さんのセミナーに行って、まさに僕がやりたいことをやってるなっていうのがあったんですよ。不安とか迷いとかじゃなく、「僕もやりたいんですけど」みたいな感じでしたね。

河上 じゃあ、セミナー受けて「自分もできるな」みたいな。

出口 そうですね。

河上 じゃあ、僕のところに来ることにした決め手というのは、そのセミナーを受けたこと?

出口 そうですね。河上さんが結果を出してたからというか、僕が実現したい未来をもう実現してるからという感じですかね。

河上の不動産投資のリアルな現場が励みになった

河上 僕のところに来て、不動産の勉強をしていったわけですけど、こんなところがよかったなって思うところはありますか?

出口 そうですね。それまで本を読んでたりしたんですけど、リアルタイムに今こんな案件があって買おうと思ってるんだよねとか、それを実際に買って、実際にこんなことして稼働率上がったんだよねみたいな、すっごいリアルじゃないですか。それはすごくよかったですね。

河上 なるほどね。

出口 それを聞くと、自分の現実として受け入れやすかったので、励みになったというのはありますね。

河上 なるほどね。

”棚ボタ”なんてない。自分でやれない人はダメ

河上 今僕のところに、不動産投資を教えてほしいみたいにたくさんの人が来てくれてるわけなんですけど、「こんな人はノウハウを学ばない方がいいんじゃないの?」っていう人はいますか?「こんな人はやめとけ」みたいな。

出口 それは、あれですよ。河上さんのところにいたら、いい不動産の情報が自分のところにも来て、それを買わせてもらえるとか、何か与えてもらおうと思って来るんだったらやめた方がいいですよね。そういうものじゃないんで。

河上 なるほどね。

出口 どう物件を探すかっていうのを教えてもらって、自分で探すつもりがないんであれば、そんな美味しい話を棚ボタさせてもらえるみたいなものじゃないので、やめた方がいいですね。

「自分でやろう」という行動力のある人は成果を上げられる

河上 じゃあ、学んでみたらいいかなっていう人はどんな人なの?

出口 そうですね。「河上さんが教えてくれるからやろう」じゃなく、自分で本読んで勉強するし、セミナーに参加していろんな大家さんと話すしっていうような、自分でやろうとする人ですかね。

河上 行動力ということ?

出口 そうですね。

河上 確かにそうですね。来たからといって、いい案件を出すわけじゃないですし。魚を与えるわけじゃないですから。

出口 そうですよね。

河上 魚の捕り方は教えます。でも、楽して身につくかって言ったら、そういうわけじゃないですしね。

出口 そうですね。

河上 僕も「自立して自分で勉強しよう」っていう人じゃないと、なかなか成果を上げることはできないと思うので。

出口 そうですよね。

河上 じゃあ、そんな感じで。

出口 はい。

河上 ありがとうございました。

出口 ありがとうございました。

 

関連記事

コメントを残す

*



 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。