2017/07/03

不動産投資をそこそこの物件で始めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

不動産投資の書籍を読んだり、他の人の成功談を聞いていると、すごい利回りの話が聞こえてきます。ですが、いきなり掘り出し物を探して何年も買えないよりは、まずはある程度手頃な価格の物件で、利回りもそれなりのものを買っておいた方がいいかなと今は考えています。

掘り出しものがないかというと、あります。しかし、ものすごくお金持ちでもないあなたに、向こうから掘り出し物がやってくるということはありません。そして、不動産投資の経験がなかった場合に、掘り出し物に気づかないかもしれないし、気づいても素早く行動できなかったり、融資がおりなかったりということになってしまいます。

ちなみに、僕の場合は、いいなと思う物件があったらすぐに買い付けをいれます。それに、金融機関からもある程度の当座貸越枠を作ってもらっていますので、いいと思うけど融資がおりないということもありません。

はじめのうちは、自分の経験を積むためにも、そこそこいいなと思う物件があれば購入に向けて動いてみるといいでしょう。不動産会社と交渉して、銀行に融資を申し込みに行く。そして実際に賃貸経営をしてみることで、自分の実力もついてきます。

今、銀行の融資は非常に出やすい状況ですが、いつまでこんな状況が続くのかはわかりません。銀行の融資姿勢が変わらないうちに、まずは不動産投資のスタートを切っておくことが大切だと思います。

関連記事

コメントを残す

*