2019/02/02

3:10:60:27の法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

3:10:60:27の法則

「パレートの法則」(20対80)というのは有名ですが、ハーバード大学が研究を行なった「3:10:60:27の法則」というものがあります。

世の中のいろいろなことに当てはまりますが、人の行動によってどのような人生を送ることができるかということが決まってきます。

27%の人は 人をあてにして生きている人
60%人は 夢や希望は持っているが、行動しなかった人 または諦めた人
10%の人は 行動して成功した人
3%の人は 無意識にできてしまう人

無意識にできる人というのは勝手にやっているので、どうこう言うつもりはありません。重要なのは大多数の60%の人と10%の人の違いです。

60%の人は何かやりたいとか、何かやらないとと思っていても行動できない、もしくは少しでもうまくいかないと挫折してしまうような人です。そんな人の中で継続して行動できた人が10%の成功者に入れるのだと思います。

不動産投資においては、今は融資環境が厳しい状況なのですが、そこそこ利回りの良い物件が出ている状況です。あきらめずに金融機関をまわることをぜひ継続していってください。あきらめずに行動し続けていれば何かが起こります。僕も、リーマンショックの時に28歳で8000万円の借金をした時は、勤続年数3ヶ月くらいでした。通常だと融資のテーブルにも乗らない状況でしたが、どうやってお金を貯めてきたか説明をして、嫁に説明をして連帯保証人についてもらって購入することができました。

諦めずに行動する人が増えて、行動し続けて成功する10%の人が11%、12%、20%と増えていくことを願っています。そうすると「3:10:60:27の法則」はなくなってしまいますが。幸せな人が増えるならなくなればいい。

 

僕の書籍はこちらから↓

河上伸之輔 著「元手500万円から資産20億円!どんどん買い進める”北陸不動産投資”術」

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

関連記事

コメントを残す

*