2017/05/10

継続して物件を購入していくためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

不動産投資で、一棟目を購入できたけど、その後の融資がなかなかおりないというケースはよくあります。

その原因は、購入した物件の評価よりも融資額が上まってしまっているからです。いわゆる信用毀損という状態です。5000万円の評価しかない物件を7000万円のローンを組んで購入すると、2000万円の債務超過ということになってしまいます。二棟目を購入する際には、一棟目の物件の評価額と融資も考慮しますので、一棟目の信用毀損が影響して融資がおりなくなるのです。

融資の審査は2つの側面からみます。物件の評価と、債務者の属性評価。債務者の属性評価とは、その人の給料などで安定して返済が可能かということで、公務員や一部上場企業サラリーマン、医師などは高い属性となります。物件の評価がいまいちでも、属性の高い人は融資を受けることが可能ですが、それは最初だけ。個人の信用だけで、何棟も買い進めていくということはできないのです。

継続して購入し続けていくためには、物件の評価額が融資金額を上まっているという状態を築くことです。資産超過の状態であると、担保余力を使って次の物件を購入するということも可能になってきます。資産超過の状態を維持できれば物件をどんどん買い進めていくことができます。

収益性も高くて、資産価値もあるという物件はなかなか見つかりませんが、バランスをとって購入をしていくことが重要です。融資が5億円くらいを超えてくると、あなたの給料がどうかという属性ではなく、不動産賃貸業をしっかりと経営できているかという企業としての評価となってきます。三菱地所だって、三井不動産だって、融資を受けて物件を保有するという不動産賃貸業ですから、こつこつと増やしていけば会社を大きくすることは可能です。

関連記事

コメントを残す

*



 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。