2017/05/11

お金の貯まる人 貯まらない人 その違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

不動産投資をしたいとなった時に、ある程度の自己資金を用意することが必要になります。遺産を引き継いだとかでない限り、自分で貯めるしかないのですが、お金の貯まる人と貯まらない人というのは考え方が全く違います。

2パターンの考え方を数式で表してみると

お金の貯まらない人
収入—支出=貯蓄

収入から、支出があって、残った分を貯金をしようと考えています。必要なもの、ほしいものを買っていった上で、残った分を貯蓄。このスタイルで、お金を貯めるには強靭な意志が必要となります。

一方でお金の貯まる人の考え方は
収入—貯蓄=支出

収入があったら、まずは貯めたい分をあらかじめとってしまって、残りで生活しようというものです。なければないなりに生活はできるものなんです。

今、あなたが給料から貯金ができていない場合、給料が上がったら貯金をしよう思っているかもしれませんか。今、貯金できていない人は、給料が上がっても絶対に貯金はできません。お金が貯まる人はどんな給料でも、こつこつ貯金していくものなのです。

関連記事

お金と幸せの関係

  今日は少し哲学的な話をします。お金があったら、幸せになれるのか。僕はお金は、幸せの要素

記事の続きを読む

コメントを残す

*