2017/07/31

不動産投資を始められないのはなぜですか?サラリーマン大家さんへの第一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ランニング大家さんの「中年サラリーマンが副収入を不動産投資で稼ぐ方法」のご紹介です。

新築、築浅の木造アパートを名古屋で経営されている大家さんです。サラリーマンをされながら、物件を購入されています。

不動産の調査、購入、融資、管理まで一通り書かれていますが、あまり目新しいものはありませんでした。

 

2年前に47歳から不動産投資を始められたということです。謙遜されて書かれているかもしれないですが、普通の中年サラリーマンの方かと思います。やらない言い訳を考えている人に読んでほしいです。読むだけだと意味ないけど。

 

「なるほどね」と思った点としては、会社の人には不動産投資のことは言わない方がいい、ということです。不動産投資の苦労が分からない人にとっては「何の苦労もなく、楽して儲けている」と見えてしまうので、妬みを買ってしまうということです。僕は会社員ではないけれど、不動産投資のことを話す機会が多いので、やっぱり妬みのようなものはあると思います。嫉妬というのは、本当に怖いです。ここではあまり書きませんが。

人に嫉妬する人で、大した人はいません。逆に、この人はすごいな、尊敬できるなと思う人は、人の成功を一緒になって喜んでくれます。僕はサラリーマンではないから、嫉妬する人とは付き合わなくていいのですが、サラリーマンであるとそうはいかないし、あまり言わない方がいいかもしれませんね。

 

不動産投資は、自ら考えて動くことが重要です。ランニング大家さんは、2年前、47歳で不動産投資の世界に飛び込まれました。そして、今ではたくさんの物件を持って、本まで書かれるようになり、趣味も楽しんでおられます。僕も、もともとはサラリーマン大家でしたが、踏み出すのには本当に勇気がいりました。中年になってからの挑戦は、本当に素晴らしい。

不動産投資は自ら考えて、そして行動することが大事。本を読んで満足しないで、勇気を出して、もう一歩進んでください。

 

ランニング大家「中年サラリーマンが副収入を不動産投資で稼ぐ方法」(セルバ出版)

関連記事

コメントを残す

*