2017/09/03

不動産投資の王道戦略「地方・鉄筋コンクリート・中古・一棟物」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

村田幸紀さんの「1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて」のご紹介です。

「地方・鉄筋コンクリート・中古・一棟物」を購入していくという方法を推奨されています。村田さんの主催する「不動産投資で経済的自由を手にする会」では21名の家賃年収1億円の大家さんが誕生しているそうです。

建物の評価が高くて、期間の長い融資を受けることができる、「地方・鉄筋コンクリート・中古・一棟物」という戦略は、融資を拡大し続けることができるので、経済的自立を手に入れるためには王道かと思います。

村田さんは、家賃年収3億円で、返済比率が4割を切っているということですので、かなりうまい買い物をされています。

ただ、最近はこの手法を使う人が多いので、地方の鉄筋コンクリートの物件の価格は上がっていて、築15年という売り物はなかなか出てこないですし、築20年くらいでも利回り10%くらいになってしまっています。

なかなか、投資水準に合う物件を探すことは難しいです。それでも、一つの物件を買うと、そこから年間200~300万円のキャッシュフローは出ますので、毎日探し続けるくらいの覚悟で行動していかないといけません。

いずれにせよ、成功している投資家は行動しています。楽して、簡単に、継続的に儲かるということはありません。

 

村田幸紀「1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて」のご紹介です。(宝島社)

関連記事

コメントを残す

*