2017/11/09

不動産投資で寝ながら稼ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ジェームス・スキナーさんの「寝ながら稼ぐ121の方法」のご紹介です。

お金の哲学的なところがメインですが、不動産投資についても本質的なところをついていると思います。

まず、寝ながら稼ぐというタイトルですが、働かないという意味ではありません。今すぐお金になる仕事ではなくて、長期的にお金の入る仕組みを作るために働きなさいということです。収入を作るより、収入源を作り出すことで、昨日より今日、今日より明日、楽になっていきます。

不動産投資の章では、不動産投資は長期的な投資だと思われるかもしれないが、不動産のプロにとっては購入した日に儲かるという意識がある、と書かれていました。これはまさにその通りで、僕も9割は買う時に勝負が決まると言っていますが、価値より安く買うことができれば、貸しても売っても儲かります。いかに相場より安く、価値よりも安く買うことができるかということが重要になってきます。

売主が焦っているとき、売主が相場を知らなかったとき、経済がクラッシュしたとき、いろいろなタイミングで相場よりも安く買うことができます。そのためには、しっかりと相場観を磨いて、よい物件が出てきたらすぐに購入の決断ができ、融資も通る体制を整えておくということです。

 

ジェームス・スキナー「寝ながら稼ぐ121の方法」(KADOKAWA)

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

http://bit.ly/2trjGUd

関連記事

コメントを残す

*



 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。