2018/05/22

不動産投資は物件購入時に9割の勝負がきまる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

藤山 大二郎さんの「20代で億を稼ぐ! 〜自己資金ゼロの私が、1年半で年収2億を達成した不動産投資戦略〜」のご紹介です。

 

不動産投資で独立をされて、自分で事業をして事業投資もされています。

今は月収2000万円くらいあるという方です。

 

イケイケの感じではなく、不動産投資についてかなり論理的に書かれていました。

 

わかりやすいなと思ったのは、不動産投資で利益を生む仕組み。

 

【不動産投資で利益を生む仕組み】

・良い物件

・良い融資

・良い運営

 

地元一棟物投資は、立地と融資がつきづらいというリスクをとることで

・高利回り

・高稼働

・高条件融資

を引き出しています。

 

その中でも、物件購入時に9割の勝負がきまる。

この辺りはまったく同感。

 

不動産投資以外に、事業から収入を得ているということです。

もしかしたら高額なコンサルティング報酬をとっているのかもしれないです。

 

しかし、本の内容はしっかりできています。

不動産投資でキャッシュフローを築き、事業を起こして起業する。

そして事業化として会社を成長させ、社会にインパクトを与える存在に導く。

 

不動産投資は他の事業と比べて圧倒的に成功しやすいと僕も考えています。

やりたいことのある方には不動産投資で経済的基盤を作って、人生にチャレンジしていっていただきたいです。

 

藤山 大二郎著「20代で億を稼ぐ! 〜自己資金ゼロの私が、1年半で年収2億を達成した不動産投資戦略〜」(ぱる出版)

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

関連記事

コメントを残す

*