2019/07/04

築古戸建物件を安く購入し、コツコツ不動産投資をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇田雄太さんの「“5万円” 以下の「ボロ戸建て」で、今すぐはじめる不動産投資!」のご紹介です。

融資環境が悪くなってきて、フルローンでRCの一棟ものを買うという不動産投資がやりにくくなってきました。
そんな中で注目を集めているのが、築古の戸建物件です。
中でもそのままでは住むことのできないようなボロ戸建は、売主さんの状況によってとんでもなく安く買えることがあります。

脇田さんは、大阪在住なのですが、長崎を中心に戸建物件をたくさん買っておられます。
本も11冊書かれているそうで、タイトルが「200万円台ボロ物件」「99万円以下の資金で儲ける」など数字が入っているものが多いのですが、今回は一気に5万円以下ということで、ボロ物件もデフレが進んでいます。

200〜300万円で売り出されている物件も、このまま放っておいても固定資産税がかかるだけなのでただみたいな値段でもいいかと売買が成立することがあります。
そういったものを丁寧に拾っていくという投資手法です。

ただ、5万円で買って、そのまま貸せるかというとそうではなくて、200〜300万円くらいの改装費をかけているということでした。
リフォームの金額を安く抑えるということが利益のポイントです。
なので、この本も半分くらいのページがリフォームの具体的なノウハウでしたので、リフォームを安くあげたいと考えている人も読んでいただけたらと思います。

 

脇田雄太「“5万円” 以下の「ボロ戸建て」で、今すぐはじめる不動産投資!」

 

ちなみに僕の書籍はこちらから↓

河上伸之輔 著「元手500万円から資産20億円!どんどん買い進める”北陸不動産投資”術」

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

関連記事

コメントを残す

*