2019/08/01

お金持ち列車の乗り方 なんのためにお金を稼ぐのかを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

末岡よしのり氏の「『お金持ち列車』の乗り方 すべての幸せを手に入れる「切符」をあなたへ」のご紹介です。

不動産投資家で実業家でもある末岡よしのりさんという方が書かれました。
ノウハウ本ではなくて、お金に対する考え方が書かれた本です。

本人も、ロバート・キヨサキさんや本田健さんを尊敬されているそうで、そういった方々の本に近いものです。
不動産投資に関していくと、ノウハウに関してはいろんな書籍もあり、ネットでも調べることができるので、僕はこのような、考え方とかマインドの本は好きですし、役に立つと思います。

一番読んでほしいと思うところは、「時々立ち止まって、お金を増やす目的を考える」という項目。
お金を増やすことだけを目的にしてしまったら、人生としてはつまらないのではないでしょうか。
お金は人生を豊かにしてくれる手段ではありますが、決して目的ではありません。

何のためにお金を増やしたいのか、増やしたお金をどんな風に使いたいのかということが明確になっていないと、お金の量だけを追い求めるラットレースに巻き込まれてしまうだけです。
これって毎月ローンと請求書に追われているサラリーマンのラットレースと同じです。

あと、もう一点面白かった項目。
引用の引用になってしまうのですが、岡本和久さんの書かれた「親子で学ぶマネーレッスン」という本の中で、日本の中高生を対象とした「お金やお金持ちん対するイメージ」のアンケート調査というものがありました。

お金のイメージ 美しい17% 汚い83%
お金持ちのイメージ よい人20% 悪い人80%

というようになっています。

このような刷り込みが親や先生や周りの環境から行われていき、自分たちの考えを縛ってしまいます。
これはなかなか大変なことで、お金持ちに悪いイメージを持っている人がお金持ちになるのは難しいですし、仮にお金持ちになれたとしても自分はお金持ちだから悪い人と思っていたら幸せではないでしょう。

僕は「お金を愛しましょう」みたいなネットワークビジネスのセミナーみたいなことを言うつもりはないですが、お金持ちを悪い人と思っている人よりはよい人と思っている人の方がお金持ちになれると思います。

僕は、お金に美しいも汚いもないし、お金持ちにもよい人もいれば悪い人もいると思っています。
どちらかというと、お金持ちの方がゆとりがあるのでよいことができますし、お金がないと悪いことをしてしまうことも多くなるので、ないよりあった方がいいと思っています。
でも、お金がないから悪いことをしてしまった人が悪い人かというとそうでもないと考えています。
話をややこしくしてしまいましたが。

そして、なんとロバート・キヨサキさんが2019年の10月29日札幌、11月1日に東京に来られるそうです。
僕は、札幌の方に行こうかなと思っています。

http://happymoneyforum.com/

 

末岡よしのり著「『お金持ち列車』の乗り方 すべての幸せを手に入れる「切符」をあなたへ」

 

ちなみに僕の書籍はこちらから↓

河上伸之輔 著「元手500万円から資産20億円!どんどん買い進める”北陸不動産投資”術」

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

関連記事

コメントを残す

*