2019/08/22

「所有物件はアパート3棟と無人島1島です」とか言ってみたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

佐藤ノブさんの「無人島売ります!」のご紹介です。

僕はこれまで、マンションの区分所有、一棟マンション、中古アパート、新築アパート、工場、繁華街のビル、オフィスビル、温泉旅館、太陽光発電、海外のコンドミニアムなどあらゆる不動産に投資してきましたが、まだ買っていないものがありました。無人島。

この本は、アクアスタイルズという無人島専門の不動産会社を作った佐藤さんという方が書かれました。無人島のことを知り尽くしている人です。

日本は実は無人島がたくさんあります。海上保安庁によると、日本には6852の島があります。その中には本州、北海道、四国、九州、沖縄なども含まれていますが、そのうち人が住んでいるのは416、それ以外の6432は無人島です。また、周囲が100m未満のものはカウントしていないので、もっとたくさんの無人島があります。

しかし、ほとんどの無人島は自治体が管理しています。今すぐに売買できる無人島はたった10島ほどですが、無人島って買えるんだということは驚きです。1億2億くらいのものが多いのですが、最安だと600万円という物件もあります。高いものはインフラも整っていたり、ビーチがついていたりします。

無人島って、なんて数えるんですかね。1島(とう)2島(とう)?
所有物件はアパート3棟と無人島1島です、とか言ってみたい。

投資としての効果ですが、無人島をレンタルしてレンタル料をもらうということを行なっている方もいらっしゃるそうです。それなりに整備された島でないと難しそうですが。

値段については上がっていくんじゃないかと思います。流動性は極めて低いので売り急ぐと安くなってしまうでしょうが、リゾート開発とかになればものすごい値上がりなどもあるんじゃないかと思います。

まあ、投資効率より男のロマンですね。

 

佐藤ノブ著「無人島売ります!」(主婦の友社)

 

ちなみに僕の書籍はこちらから↓

河上伸之輔 著「元手500万円から資産20億円!どんどん買い進める”北陸不動産投資”術」

 

河上伸之輔と直接交流でき、不動産投資の仲間も得られる「特別会員サロン」とは?

関連記事

コメントを残す

*