2017/04/28

小西史彦「マレーシア大富豪の教え」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小西史彦さんの「マレーシア大富豪の教え」のご紹介です。

 

20代でマレーシアに渡り、今では50社のグループ企業を育てた日本人の書かれた本です。内容は素晴らしいものでした。もう70歳を超える方なのですが、異国の地で気骨を持って生きてきた人の芯の通った格言が書かれていました。

僕が、その通りだなと思ったものを列挙していきます。
同じ努力をしても、「戦う場所」で結果は変わる
リスクを取らなければリターンはない
リスクとは避けるべきものではなく、許容範囲内で積極的とりにいくもの。
才能があるから非凡なのではなく熱中するから非凡に至る
損得よりもフェアネスを判断基準とする
未来に投資すればお金は後からついてくる

不動産投資は、投資とビジネスの両方の要素があるものだと思いますので、成功したビジネスマンの考え方というのは参考になります。不動産投資を事業として考えることで、入居者により満足いく住環境を提供でき、また街の発展につなげることもできると考えています。

不動産投資で勝ち続けたい人は、ぜひ経営者も読んでください。

 

小西史彦「マレーシア大富豪の教え」(ダイヤモンド社)

関連記事

コメントを残す

*



 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。