2017/06/07

不動産投資をゼロからはじめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

市川周治さんの「ゼロからはじめる不動産投資」のご紹介です。

これは、名著です。すごくまとまっています。

・不動産投資をやるべき理由

・不動産投資の王道のステップ

・必要な知識・・・リスク回避の方法、物件の探し方、見極め方、賃貸経営のノウハウ、借り入れのノウハウなど

僕も、こういう体型的な本を書こうと思うこともあります。ですけど、これは僕の言いたいことが詰まっているし、僕はこんなにうまくまとめられないし、僕が書かない方がいいなと思いました。体験記みたいなのは書くかもしれませんが。

僕が、この本の中でも特に共感したのは、不動産投資の考え方などマインドの部分です。

普通のサラリーマンで資産を持っていない人でも、確実に正しいステップを踏んでいけば、お金持ちになれる可能性が高い。

不動産投資を始めれば、すぐにお金持ちになれるというわけではない。

不動産投資は、借金は家賃収入が払ってくれているという認識が必要。借金を家賃収入が払ってくれて、しかもローンを払い終わったら不動産がすべて自分のものになります。

未来というのは、現在の準備の積み重ねです。そして、準備は早すぎるということはありません。

お金持ちになれる人は、「金のなる木」を手に入れることを優先します。
銀行から融資さえつけば100倍、200倍と資産を拡大していける。

相場よりもいかに安い物件を手に入れるか、これが不動産投資で成功するための王道です。

不動産投資は純資産を増やすのが目的。純資産とは「資産」の総額から「負債」の総額を引いたものです。

著者の市川周治さんは、岡山で不動産の管理や仲介をされているウェーブハウスという会社の社長さんで、ぜひ勉強しにお伺いしたいなと思いました。

 

市川周治「ゼロからはじめる不動産投資」(KADOKAWA/中経出版)

関連記事

コメントを残す

*



 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。